健診コース・人間ドック

人間ドック

充実した検査内容、快適なサービスの人気コース

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

ベーシック 40,000
+内視鏡(ベーシックの胃部X線検査を内視鏡検査に変更) 45,000
+CT(ベーシック+ 肺CT+腹部CT) 45,000
+脳ドック(ベーシック+ 脳MRI+脳MRA+頚部MRA) 60,000
主な検査項目
閉じる

診察・問診・計測・視力検査・聴力検査・血圧測定・尿検査・血液検査・心電図検査・胸部X線検査・胃部X線検査・便潜血検査・眼底検査・眼圧検査・肺機能検査・腹部超音波検査・B/C型肝炎検査・梅毒検査・前立腺検査(男性)・子宮内診・子宮頚部細胞診(女性)

受付時間

男性 8:00 9:00 10:30
女性 8:30 10:30

レディースドック

女性ならではの検査に、さまざまなオプション検査を組み合わせた新コース

主な検査項目
閉じる

診察・問診・計測・視力検査・聴力検査・血圧測定・尿検査・血液検査・心電図検査・胸部X線検査・胃部X線検査・便潜血検査・眼底検査・眼圧検査・肺機能検査・腹部超音波検査・B/C型肝炎検査・梅毒検査・子宮内診・子宮頚部細胞診
【経膣超音波検査】 子宮・卵巣の状態、筋腫の有無を調べます。
【乳房超音波検査】【マンモグラフィ 】乳がん検査超音波検査・マンモグラフィ、それぞれに発見しやすいタイプの乳がんがあります。

レディースドックの検査項目

閉じる
さらに詳しく
経膣超音波検査

子宮・卵巣の状態、筋腫の有無を調べます。腟の内に超音波発信器(プローブ)を入れ、返ってくる音波を画像化します。子宮、卵巣、卵管の状態を画像として見ることができ、内診では見つけることのできない筋腫や初期の腫瘍も発見できることから、婦人科の診断には欠かせない検査となっています。検査は子宮頚がん検査と一緒に行いますので約2分程度です。痛みはほとんどありません。

乳房超音波検査

ゼリーを塗った乳房に超音波を出す器具(プローブ)を当て、返ってくる音波を画像化します。超音波はしこりとして手に触れないしこりを見つけ出すことができ、腫瘍を形成するタイプのがんの発見に優れています。また30~40歳代の方は、マンモグラフィでは乳腺組織が白く写るため、同じように写るがんを見逃す可能性もあり、超音波検査と併用することで補うことができます。放射線を避けたい妊娠中の方、若年の方、強い乳腺症などで良好な撮影ができない方に超音波検査は適しています。

マンモグラフィ

乳がんや、しこりとして手に触れないごく早期の乳がんも発見できます。プラスチック板で乳房を片方ずつはさみ、平らに圧迫した状態(約4~5cm)で2方向レントゲン撮影をします。この圧迫により乳房内部を鮮明に写しだすことができ、腫瘍を形成しないタイプのがんの発見に優れています。圧迫される時間は数十秒ですが、その際多少の痛みを感じる人もいます。生理前1週間を避けると痛みは少ないようです。

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

ベーシック(人間ドック+経膣超音波+乳房超音波+マンモグラフィ) 50,000
+内視鏡(ベーシックの胃部X線検査を内視鏡検査に変更) 55,000
+CT(ベーシック+ 肺CT+腹部CT) 55,000
+脳ドック(ベーシック+ 脳MRI+脳MRA+頚部MRA) 70,000
受付時間

8:30 10:30

プレミアムドック

人間ドックをベースに内視鏡・CT・MRIの検査を組み合わせ、さらに男性・女性特有の疾病リスクの有無を調べる検査項目を加えたプラン

閉じる
更に詳しく

胃や腸の内部を直接カメラで検査する内視鏡、通常の検査では見つけにくい小さな病変や、骨や他の臓器の後ろで鮮明な画像を得にくい臓器の様子を把握できるCT・MRIなど高度な機器を用いて、脳をはじめ呼吸器・循環器・消化器の状態をトータルにチェックします。MRI検査では、脳ドックのほか認知症リスクを調べる脳萎縮度検査、さらに男性は前立腺、女性は子宮・卵巣の検査を行います。

主な検査項目

人間ドック検査項目+脳ドック+肺ドック+腹部CT+胃内視鏡+大腸内視鏡+心臓超音波+脳萎縮度検査

プレミアムドックの検査項目

閉じる
さらに詳しく
脳ドック

頭部に磁気を当て、脳全体の断層画像(脳MRI)および脳と頚部の血管の立体画像(脳MRA・頚部MRA)を撮影します。脳の病気や危険因子を早期に発見することを目的としています。

肺ドック

マルチスライスCTと3種の腫瘍マーカー(CYFRA21-1・NSE・SLX)のセットでご受診いただくドックです。肺がんをはじめとする胸部の病気を早期に発見することを目的としています。

腹部CT

マルチスライスCTにより、腹部の臓器の病変の有無を調べます。ガスや脂肪のために超音波検査では鮮明な画像が得難い深部の臓器の検査が可能です。肺ドックと連続して検査を行います。

胃内視鏡検査

口から内視鏡を入れる経口内視鏡、または鼻から入れる経鼻内視鏡で検査を行います。食道・胃・十二指腸を直接内視鏡で見ることで、より正確な診断を行うことができる検査です。必要に応じて、胃粘膜の組織を切除して検査する病理組織検査も実施しています。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査で発見できる疾病は、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(クローン病)、潰瘍性大腸炎、大腸憩室症、虚血性腸炎など多岐にわたります。特に、大腸がんの早期発見にもっとも有用な検査方法です。

心臓超音波検査

心臓超音波検査では、人体に無害な超音波をあて、反射して返ってくる音波を直接画像で見ながら、心臓の形状、弁や心房・心室の動きを把握して異常の有無を確認することができます。同時に、血液の流れも観察して逆流等の異常の有無を確認します。

脳萎縮度検査

脳のMRI画像を利用して記憶形成を司る「海馬」の萎縮度を測定し、早期アルツハイマー型認知症の発症リスクを判定する検査です。※正常脳との比較で評価しますが、50代以降の男女の正常脳との比較となるため、50代以降の方の受診を推奨します。

前立腺MRI(男性)

骨盤部のMRI画像を利用して前立腺の異常の有無を調べる検査です。CTよりもさらに鮮明な画像が得られるMRIはごく小さな病変でも確認することができるため、早期の前立腺がんの発見に役立ちます。脳ドックと連続して検査を行います。

子宮卵巣MRI(女性)

放射線による被曝のリスクがなく、超音波検査より鮮明な画像が得られるMRIで子宮と卵巣の異常の有無を調べる検査です。子宮筋腫や子宮体がん、症状のないことが多い早期の卵巣腫瘍の発見に有用です。脳ドックと連続して検査を行います。

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

プレミアム 133,000
+レディース(プレミアム+経膣超音波+乳房超音波+マンモグラフィ) 143,000
+メンズMRI(プレミアム+ 前立腺MRI) 153,000
+レディースMRI(プレミアムレディース + 子宮卵巣MRI) 163,000
受付時間

プレミアムドックでは、大腸内視鏡検査の準備のため朝7時30分までにセンターにお越しいただきます。また、全ての検査の終了が午後4時過ぎになり、その後プレミアムラウンジでお食事となります。

肺ドック

肺マルチスライスCT・腫瘍マーカー

閉じる
肺ドックの特徴

・高精度のマルチスライスCTにより5mm程度の小さながんも発見できます。
・胸部X線検査では隠れて見えない部分も鮮明な画像で見ることができます。
・撮影時間はわずか15秒。低線量CTなので安心して受けていただけます。
・3種類の腫瘍マーカー検査もセットになったリーズナブルな価格です。

こんな方におすすめ

・喫煙する方 ・身近に喫煙する方がいる ・アスベストの吸引歴がある ・咳・痰(特に血痰)が続く ・深呼吸すると胸が痛い ・息苦しさ・発熱など ・年齢が50歳以上 ・血縁者に肺がんの人がいる

肺ドックの検査項目

閉じる
さらに詳しく
肺マルチスライスCT

マルチスライスCTで見つかる主な病気は、肺がん、悪性胸膜中皮腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺結核などです。肺全体の撮影にかかる時間はわずか15秒。画像のズレも生じることなく、微細な病変まで鮮明に写し出すことができます。肺ドックでは、造影剤を使用することはありません。また、低線量CTによる検査ですので、安心して受けていただけます。

腫瘍マーカー

肺がんを組織型で分類すると、腺がん・扁平上皮がん・大細胞がん・小細胞がんと大きく4つに分類されます。組織型により、がん細胞の性質や発生しやすい場所が異なるため、肺ドックでは3種類の腫瘍マーカーを検査します。
検査項目
●CYFRA21-1(扁平上皮がん)
●NSE(小細胞がん)
●SLX(腺がん)

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

・肺マルチスライスCT + 腫瘍マーカー 14,000
・肺マルチスライスCT + 腫瘍マーカー + 内臓脂肪CT検査 15,000

※次の項目に該当する方は検査ができない場合がありますので、ご注意ください。
●ペースメーカーを装着している方
●妊娠中の方・妊娠の可能性のある方

脳ドック要予約

脳MRI + 脳MRA +頸部MRA

脳ドックとは、症状が現れていない方を対象に、脳や脳の血管の状態を詳しく検査し、脳の病気や危険因子を発見することを目的としたドックです。

閉じる
脳ドックの特徴

・鮮明な画像で様々な方向から撮影可能。無症状の脳の病気を発見できます
・磁気を利用した検査のため、安全で身体への影響がほとんどありません
・造影剤を使わずに脳血管撮影が可能。安心して検査を受けていただけます
・耳栓・ヘッドフォンが必要ない静音タイプの最新鋭機です

こんな方におすすめ

・脳血管疾患の危険因子がある方 ・高血圧 ・糖尿病・脂質異常症 ・肥満 ・喫煙 ・過度な飲酒 ・不整脈 ・心疾患 ・脳血管疾患家系・ストレスが多い ・年齢が60歳以上 ・経口避妊薬の服用など

脳ドックの検査項目

閉じる
さらに詳しく
脳MRI

脳全体の詳細な断面像を撮影します。まだ自覚症状が現れていない小さな脳梗塞や脳腫瘍、脳出血などを発見することができます。また、その発生部位や大きさなどが詳しくわかります。

脳MRA

脳の血管を立体画像として写し出します。脳梗塞の原因となる脳動脈の狭窄や閉塞、くも膜下出血や脳出血の原因となる脳動脈瘤や血管奇形を発見することができます。

頚部MRA

頚部の血管を立体画像として写し出します。脳へ血液を送っている頚動脈の狭窄や閉塞などを見つけることができます。頚動脈の状態を確認することで、脳血管疾患のリスクを知ることができます。

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

・脳MRI+脳MRA+頚部MRA 28,000

※次の項目に該当する方は検査ができない場合がありますので、ご注意ください。
●ペースメーカーを装着している方
●動脈クリップ(止血クリップ)を装着している方
●体内に金属を入れた手術をしたことのある方
●インプラントを装着している方
●妊娠中の方・妊娠の可能性のある方

内視鏡検査要予約

食道がん・胃がん・大腸がんの早期発見に有効な検査です。カメラがついた検査器具で直接胃や大腸の内部を撮影して、病変の有無を確認します。

こんな方におすすめ【胃】

・血縁者に食道がん・胃がんの人がいる ・食道や胃を痛める薬を長期間服用している ・タバコを吸う ・飲み込む時にものがつかえる ・胃の痛みがある ・胸やけがする ・黒い便がでる ・体重減少など

こんな方におすすめ【大腸】

・大腸ポリープになったことがある ・潰瘍性大腸炎に長期間かかったことがある ・血縁者に大腸がんの人がいる ・高脂肪・低食物繊維の食生活を送っている ・便に鮮血または黒色の血液が混じる ・便が細くなる・下痢と便秘を繰り返すなど

専用個室ルーム

大腸内視鏡検査は事前準備のために専用個室ルームをご用意しております。

内視鏡検査の検査項目

閉じる
さらに詳しく
胃内視鏡検査

口から内視鏡を挿入する経口内視鏡、または鼻から挿入する経鼻内視鏡のいずれかをお選びいただけます。食道・胃・十二指腸を直接内視鏡で見ることで、より正確な診断を行うことができる検査です。必要に応じて、胃粘膜の組織を切除して検査する病理組織検査も実施しています。

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入して大腸と小腸の一部を観察する検査です。検査そのものは10~15分程度で終わりますが、事前に下剤を飲み、3~4時間かけて腸の内容物を排出して空にすることが必要です。ご自宅や医療機関で行う場合は様々な点でご不便が伴いますが、当センターでは準備のための専用ルーム(センター隣接の個室ワンルーム)をご用意しているため、お一人でゆったりお過ごしいただくことができます。

※料金は全額ご本人負担の場合の一例です(税別/単位:円)

胃内視鏡検査 24,000
大腸内視鏡検査 38,000
胃内視鏡検査+大腸内視鏡検査 56,000
※セデーション(胃内視鏡検査の際、苦痛を和らげるための鎮静剤) 8,000

【注意事項】
●検査の際に鎮痛剤を使用することがあります。鎮痛剤を使用した場合、検査後リカバリー室で30分程お休みいただきます。検査当日は車・バイク・自転車の運転はできません。眠気が残る、判断力が低下するなど、事故につながるおそれがあります。大事なお仕事や危険を伴う作業も控えてください。
●検査当日の飲酒はできません。飲酒により、薬の相互作用で呼吸が弱くなる、血圧低下、頭痛、めまいなどが起こることがあります。また、組織検査で生検をした場合、より出血しやすくなる可能性があります。
●血栓抑制剤(バファリン81mg・ワーファリン錠等)、抗凝固剤(エパデール・プレタール錠等)を服用中の方は、服用を中止する必要があります。主治医とご相談ください。

オプション検査

せっかくの機会を皆様の健康管理にご活用いただくために、充実したオプション検査をご用意しています。よりリーズナブルなオプションセットとあわせて、ご活用ください。

血液検査
閉じる
腫瘍マーカー

がん細胞の目印(マーカー)になる物質の総称です。この検査により、身体のどの部分にがんができたか、がん細胞の性質、再発の可能性などを調べることができるため、診断や治療の手助けとなります。ただし、多くの腫瘍マーカーは、がんに関係なく増えることもあり、これだけでがんの有無を診断することはできませんが、繰り返し検査することで、その値が上昇したときにがん発見の重要な情報になりえます。

(税別/単位:円)

PSA

前立腺に特異的な腫瘍マーカーで前立腺がんで高値を示します。

3,000

CEA

大腸がん、胃がん、膵がん、肝がん、胆道がんなど消化器系のがんで高値を示します。

2,500

AFP

おもに肝細胞がん、転移性肝がんなどで高値を示します。

2,500

CA19-9

膵がん、胆嚢・胆管がんで高値を示します。

3,000

SCC抗原

扁平上皮がんで陽性率が高く、子宮がん、肺がんなどで高値を示します。

2,500

CYFRA21-1

肺扁平上皮がんで高値を示します。

3,000

NSE

肺小細胞がん、脳腫瘍、インスリノーマなどで高値を示します。

2,500

PIVKA-II

肝細胞がん、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ滞で高値を示します。

2,500

エラスターゼ1

膵がん、急性膵炎、慢性膵炎で高値を示します。

2,500

SLX

おもに肺腺がん、卵巣がん、膵がんで高値を示します。

3,500

腫瘍マーカーセット

CEA+AFP

4,000

腫瘍マーカーセット

CEA+AFP+CA19-9

6,000

甲状腺機能検査

甲状腺機能検査

甲状腺の機能を血中のホルモンで検査します。

7,000

感染症系検査

B型肝炎ウイルス検査

慢性肝炎、肝硬変、肝がんの原因になることもあるB型肝炎ウイルスの感染を調べます。(HBs抗原)

2,000

C型肝炎ウイルス検査

C型肝炎は、慢性化すると肝細胞がんになることもあります。肝機能異常を指摘されたことのある方は検査をおすすめします。(HCV抗体)

2,500

胃がんリスク検査

ヘリコバクターピロリIgG抗体

胃、十二指腸潰瘍と関係の深いピロリ菌の有無のみを調べます。

1,500

ペプシノゲン

胃粘膜の老化の程度をみます。胃がんになりやすい傾向をみる検査です。

3,000

胃がんリスク検査

ペプシノゲンとヘリコバクターピロリIgG抗体を組み合わせて、胃の健康度をABCDの4群に分類します。(ABC分類)

5,000

リウマチ検査

リウマチ検査

慢性関節リウマチ診断の参考になります。

1,500

高感度リウマチ検査

従来のリウマチ検査に抗CCP抗体と抗核抗体を加えた検査セットです。関節リウマチに特異性の強い検査を追加することで、より早期にリウマチの発症を予測することができます。

6,000

貧血検査

貧血検査

鉄欠乏性貧血かどうかを検査します。

2,500

抗体検査

風疹抗体

風疹の免疫の有無を調べます。感染予防に十分な免疫があるかどうかわかります。

1,500

HIV抗体

エイズの原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染したかどうかを調べます。

3,500

血液型検査

血液型検査

ABO式・Rh式の血液型を調べます。

1,500

更年期障害検査【男性】

更年期障害検査【男性】

血液中の男性ホルモンの濃度を検査します。

3,500

アレルギー検査

アレルギー検査

アレルギー体質かどうかを調べる非特異的IgEと原因抗原4種(スギ花粉・家ダニ・家の埃類・ヒノキ)を組み合せた検査セットです。

5,000

その他
閉じる

(税別/単位:円)

肺年齢検査

1秒間に吐ける息の量を測定し、標準の方と比べてご自身の呼吸機能がどの程度か確認していただく目安となります。タバコを吸う方におすすめします。

1,800

血管年齢検査

両手・両足首4ヶ所の血圧を同時に測定。血管の詰まり具合と硬さがわかります

2,500

SAS検査

睡眠時無呼吸症候群でないかを検査します。2つのセンサを指先と胸に取り付けて、自宅で一晩寝るだけです。睡眠の深さや睡眠サイクルも測定できます。

20,000

眼圧検査

緑内障の発見に役立ちます。

1,500

眼底検査

高血圧や動脈硬化の程度を調べます。

2,000

骨密度

老化による骨量の変化を超音波を使って調べます。

2,000

腹部超音波検査 [要予約]

肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓などの異常の有無を超音波断層画像で調べます。

6,000

肺マルチスライスCT検査
閉じる

喫煙者に多い「中心型肺がん」は、比較的早い時期から咳・痰・血痰などの症状が出やすいのが特徴ですが、肺がんの約7割を占める「末梢型肺がん」は、早期にはほとんど症状がありません。この末梢型肺がんの早期発見にはCT検査が有効です。

肺マルチスライスCT検査

(税別/単位:円)

肺マルチスライスCT検査

7,000

肺マルチスライスCT + 内臓脂肪CT

1回のCT検査で肺と内臓脂肪をチェックするセット

8,500

腹部CT検査
閉じる

超音波検査より短時間に、さらに高精度な画像で内臓の状態をチェック。X線断層撮影により、腹部の臓器の病変の有無を調べます。超音波検査ではガスや脂肪のために鮮明な画像が得難い深部の臓器の検査が、数分程度の短時間で可能です。肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓が対象となります。

腹部CT検査

(税別/単位:円)

腹部CT

9,000

腹部CT + 腹部超音波検査

13,000

腹部CT + 肺マルチスライスCT + 内臓脂肪CT

15,000